ホノルル大好きサブ2.5ランナー

ハワイとディズニーが大好きな市民ランナーです。少しでも身になる情報を発信したいと思います。何かご質問等がございましたら、下記までご連絡ください。running.bloger@gmail.com。

東洋、青学の5分29秒差に隠された秘密。まだまだ総合優勝はわからない!

今年の箱根は先頭が目まぐるしく変わり、

非常に面白い展開ですね!

 

さて、史上初の5連覇を狙う青山学院!

正直ピンチ!

しかし私はまだチャンス有りかと思っています。

もちろん東洋が王手ということに変わりはありません!

 

私が注目したのは往路終了後のタイム差です。

東洋と青山学院の差は5分29秒。

このタイム差にピンときた方は、

箱根駅伝通かもしれないですね。笑

 

なんと昨年の総合優勝青山学院と2位東洋のタイム差が4分53秒。

f:id:running-bloger:20190102212857j:image

 

復路優勝青山学院と2位東洋のタイム差は、

5分29秒だったんです!

f:id:running-bloger:20190102212857j:image

これって運命か?!笑

 

しかも青学の10区の選手は優勝するために守りの走り、対する東洋は攻めの走りで追いかけていた。

という展開を考えるとタイム差以上に差があったことになる為、

まだチャンス有りかと思ってます。

 

9区終了時点で東洋が青山学院より30秒前にいれば、東洋が逃げ切るだろうと予想してます。

 

しかし!

東海大、駒沢大も優勝狙える展開なんです!

 

東海はまだエース級を残している為、

東洋を単独で追えますし、

青学に追いつかれてもついていける為チャンス有り!

駒沢は単独走ではまだまだ力が未知ですが、

予選会の結果を見ても集団走での力がある為、

青学に追いつかれてから集団走をしていけば、充分先頭までいけるチームかと思います。

 

まず、東海と駒沢が勝つためには7区終了時点で青山より前にいることかと思います。

昨年のMVP林選手に追いつかれず、

どこまで逃げれるか。

8区以降の選手に追いつかれて集団走をし、

前を追うというのが鍵かと思います。

 

たぶん過去に下田選手を8区に起用していたことを考えると、

強くて安定感のある鈴木塁人選手を起用かと思います。

8区以降の戦いが見ものですね。

 

史上初の5連覇を見たいですが、

それを阻止するというのも見てみたいですね。

もし明日の復路で逆転し、

青学が優勝したらドラマみたいですね。笑

 

明日が楽しみです!

 

もし面白い内容だと思われたらシェアなどお願いしますね!^ ^